HOME>オススメ情報>外科手術を行う前に、麻酔を行うので痛みを感じにくいです
診療室

顎の骨量が少ない場合は骨移植をします

歯周病や虫歯が悪化すると、抜歯が必要になることもありますが、失った機能を回復させるためにインプラント治療を受けたい人が増えています。足立区の歯科クリニックでは、痛みを最小限に抑えた出血の少ない、インプラント治療を心掛けています。インプラント治療を受けるためには、顎の骨量が多いことが条件になっています。顎の骨量が少なく、治療を断られた経験のある人も少なくありません。足立区の歯科クリニックでは、顎の骨量が少ない場合でも、骨移植をして骨の量を増やすことで、治療が出来る可能性があります。まずは診察や検査を受けることが大事です。最新の立体画像で確認ができる医療機器を導入しているので、顎の骨や歯槽骨の状態を詳しく検査が出来ます。足立区の歯科クリニックでは、時間を掛けて説明をしてくれるので、安心して治療が受けられます。

痛みや振動の少ない治療を行います

足立区の歯科クリニックでは、なるべく振動や痛みを感じない治療を心掛けています。インプラントは外科手術が必要なので、不安を感じている人がほとんどです。足立区の歯科クリニックでは、事前に麻酔を行うので手術中に痛みを感じることはありません。治療で使用する医療器具は、きちんと滅菌消毒を行い、衛生的な個室で手術が受けられます。インプラント治療は、専門的な知識と豊富な経験が必要な治療です。足立区の歯科クリニックでは、熟練した技術を持った医師が担当してくれます。インプラント治療は顎の骨を削る必要がありますが、足立区の歯科クリニックでは、体に負担が少ないように、なるべく歯を削らない治療を心掛けています。人体と親和性の高い歯根を使用するので、顎の骨に定着しやすいです。部分入れ歯に比べると、しっかりと歯を固定できます。

広告募集中